青汁飲むなら.com > 青汁について > 大麦若葉とケールの違い

青汁で代表的な大麦若葉とケールの違いについて

青汁の中で特に有名な大麦若葉青汁とケール青汁。
この二つは青汁を語る上で必ずと言っていいほど取り上げられるもので、実際に人気も高いです。
では大麦若葉青汁とケール青汁、一体どのような違いがあるのでしょうか。違いが分かれば青汁を選ぶ上でさらに幅が広がるかもしれませんね。

大麦若葉青汁とケール青汁はどちらも普通にスーパーなどで売られている緑黄色野菜の数倍の健康成分が含まれていますが一番の違いその他にも含まれる栄養成分とその役割にあります。

大麦若葉青汁に含まれる主な成分は、カリウム、カルシウム、鉄、ビタミン、ミネラル、カロチンです。 アクが少なく青汁独特の味や苦味が苦手な方に適しています。また大麦若葉青汁にはクロロフィルが多く含まれています。
このクロロフィルには体の組織細胞の成長を促す働きがあります。

ケール青汁に含まれる主な成分はビタミンA、ビタミンC、ミネラル食物繊維です。
また、ケール青汁に含まれるメラトニン、イソチオシアナートという成分が血栓を予防してくれ、免疫力を高める効果も高いので病気になりにくい体を作ることができます。
これらの成分は血栓予防の他にもアルツハイマーを予防したり、コレステロールの低下、血圧低下などの効果があることが分かっています。

こうして比べてみると、大麦若葉青汁は飲みやすさに加えて普段不足しがちな栄養素を補ってくれるので補助的な役割として用いられやすいことが多く、一方でケール青汁は飲み続けることで病気の予防や強い体作りに役立てられることが分かります。